忍者ブログ
コイヌールとはペルシャ語で『光の山』と言う意味らしい。
[810]  [811]  [809]  [808]  [807]  [806]  [805]  [804]  [803]  [802]  [801
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

星の王子さま/サン・テグジュペリ 菅啓次郎(訳者)

fimg_1311856496.png







有名な本らしいな!ってことぐらいは知ってる。名前も知ってる。でも、内容は知らなかった。読んだこともなかったし。まぁ、これも角川文庫にしかけられた罠で、ハッケンくんストラップがもらえるキャンペーン期間中だったりするわけだ。特別これまで欲しいと思わなかった作品でも、「この際、買って読んでみるか!(ハッケンくん欲しいからな!)」なんて思ってしまうわけだ。

こうして、3連休の前にこの本を買った私は、無事にハッケン君を手に入れ、この本を買ったことは忘れ、3連休も終わり、なんだかぼんやりし、仕事がいやだなーと思いながら仕事に行き、仕事終わったーと帰ってきても暇だったから、本を入れてある箱を見たら、「あ、こんなの買ってあったっけ?」と読むにいたったわけだ。

で、読んでみた感想。これ、原作を読んでないから(と言うか、持っていたとしてもフランス語なので、なんのこっちゃわからないと思うんだけど。)原作の感じはさっぱりわからないんだけど、他の人の訳(実は、新潮文庫か集英社文庫にも星の王子さまはあったのだ。もちろん、他の人の訳)だとまた感じが変わったかもしれない。

なんだか、私が読んだ限りでは・・・この王子様・・・ちょっと口調がえらっそうなのだ。もっと子供みたいな可愛いのを想像してしまってた私には、なんだか「あれ?違う・・・」だった。この微妙な違和感がぬぐえず、最後まで微妙な気分に。

書いてあることはいいことが書いてあるのかもしれないが、微妙な違和感がぬぐえず、なんだか頭に入りにくかったが、途中の挿絵とかは面白いものがあった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
王子さま
大人になってから読んで、感動された方が多いみたいですね。
子供のときに読んで、何度か読み返していますがいまだに作者の伝えたいことが、ちゃんとわからずにいます・・・。

イラストが好きで、昨年も箱根の「星の王子さまミュージアム」に行きました。
リカさんが描かれたキツネも可愛いです☆
いがり 2011/07/30(Sat)21:56:17 編集
そうなんですね
私はそこまで好みの話ではなかったです。
大事なものは目に見えないと言うことが言いたいんでしょうかね。
遠く離れて気がつくこともあるとか
そう言うことが言いたかったんでしょうか。
他の人の訳のもちょっと見てみました。
やっぱり集英社文庫の方が自分のイメージに合うような感じがしました。
ちょっと失敗したかも。
【2011/07/31 11:04】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
行動記録暦
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/04 いがり]
[05/28 いがり]
[05/27 いがり]
[05/23 いがり]
[05/22 いがり]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
リカ
性別:
女性
職業:
謎ですわよw
趣味:
本を読みますわ。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
忍者ブログ [PR]