忍者ブログ
コイヌールとはペルシャ語で『光の山』と言う意味らしい。
[1327]  [1326]  [1325]  [1324]  [1323]  [1322]  [1321]  [1320]  [1319]  [1318]  [1317
先日、図書館でクリスマスキャロルを読みました。

季節外れなのに、なぜか立てておいてあって、目立ってたのです。



話はケチなおじいさんが主役。

クリスマス前におじいさんの共同経営者だった人(すでに何年も前に亡くなっている)が幽霊になって現れます。

そして、自分みたいになりたくなかったら、クリスマスに現れる天使(?)についていくようにいうのです。

天使のような人たちは、三人現れました。一人は過去を、一人は現在を、一人は未来を見せました。

おじいさんは、今までのことを考え直し、これからやり直そうと考え、実行します。

そして、ハッピーエンド!

そんな感じでした。

いつでもやり直そうと思えばやり直せる。なにかやろうとすれば、笑う人もいるが気にしてはいけない。

私はそんな風に受け止めました。

読んだのはたまたまでしたが、なんとなく自分の心に響きました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
大好きです
子供の頃から大好きな本なんです。
映画化もされています。
リカさんの解釈にもうなずかされました。

ドナルドのお金持ちなおじさん「スクルージおじさん」は
クリスマスキャロルからきているんですよ☆
いがり 2016/05/01(Sun)21:18:46 編集
行動記録暦
06 2018/07 08
S M T W T F S
4 5 7
9 10 11
16 17 18 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[07/16 いがり]
[07/07 いがり]
[06/18 いがり]
[06/13 Emi]
[06/10 いがり]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
リカ
性別:
女性
職業:
謎ですわよw
趣味:
本を読みますわ。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
忍者ブログ [PR]